BLOG

目醒め☆変わりたいけど変われない、勇気がいるとき。

【目醒め】変わりたいけど変われない、勇気がいるとき。

きょうはこんなタイトル設定させていただきました。

書かずにはいられなくなったので、誰のためでもなく、じぶんのためにただ綴ります📝いろいろ見えてしまってるから。いろいろ見えながら「そうなんだね」って黙ってるのはなんか違うなと、感じたから、綴ります。

でも、もう、これで言うのも最後の覚悟で綴ります。

この先は、もうその次元も超えて、ほんとうに、みんなの自由意志を尊重しようとおもうので、大切な大切ないのちのつながりあるみなさまだからこそ、ここで真実をお伝えし、ほんとうの意味でこの先は、だれがなにを選びなにを体験していたとしても、尊重してゆきます💗✨

書かずにはいられなくなったのは、わたしの周りの大切なお友達やヨガの先生やお客さま、みんなとの会話のなかで、最近ほんとうによく聞く言葉。

『目醒めたい』

『でも、勇気がいる』

『変わりたい』

『でも、少しずつ時間をかけて』

『大変だけど、少しずつ変わってる』

もうね、

その位置でいる限り

『目醒めたい』を体験し続ける次元で

『でも、勇気がいる』を体験し続ける次元で

『変わりたい』

『でも、少しずつ時間をかけて』

をずっと体験し続けるわけで

『大変だけど、少しずつ変わってる』

少しずつ変わってる、をずーっとやるわけです。

もしかすると、『目醒め』とか『眠り」というワードをキャッチしてしまったが故に、気づいているけど、って人がいちばんどっちつかずで苦しいのかもしれません。

でね、最近ともだちからよく聞くことば。

『じぶんを生きたいってわかってる。目醒めたいってわかってる。でも勇気がいるの!』

『あとは勇気を出すだけってわかってる』

うん、たしかにそうなんだけど。

その気持ちも、言いたいこともよーくわかる。

でも、

そもそもね、

勇気がいる!っていう位置にいることがそもそもの眠り。

分離。

自分と他人を分け隔て、

他人像をつくることで

「勇気がない」とか「勇気がある」とかをうみだして、

そうすることで「勇気が出せた」とか「勇気が出せなかった」とかいう一喜一憂の人間ドラマを体験できるというわけです。

他人像をつくることで、じぶんの価値を見出すんです。

それはすべて、他人ありきのじぶんというわけです。

でも、眠った人にはそれってすごく魅力的です。

「一喜一憂」の「喜」をまわりに表現すると、人間ドラマが好きな人にとってはすごく魅力的に見えるんです。でも、それはみんなが外に向かった在り方で、そこには、眠りの共振共鳴があるんです。

もうね、いつまでもその位置にいるのなら、とことん楽しめばいいんだとおもうんだ。

わたしたちも、

「変わりたいけど」

って言う方のご相談たくさん受けてきましたが、

もう「変わりたいけど」って言ってる人は、とことんそれでいいんだな〜と💗愛をもって、その勇敢なお姿を見守ることにきめました。

わたしもいつまでも、その位置にいてはお互いのために良くないなと感じたんです。

だからね、もう、完全に、そのお姿尊重いたします🙏💗✨

だってね、わたしも、みんなも、全ては、いのちの源でひとつだった存在なんです。ワンネス意識でこの世界をみたとき、もう、みんながじぶん、それぞれ別れたようにみえて、みんなでお役割をつくって体験しあってるんです。

だからね、もう、いまのじぶんを、存分にみんな楽しみましょう💗

ほんとうのじぶんに目を醒ます

位置に立ったとき、もう、

じぶんの中の真実はただひとつで。

そこに立ったとき、

勇気とかそんなものそもそも存在しない。

じぶんの中の真実に進んだとき、

自ずとぴたりと一致したそれぞれのお役割がみえます。

じぶんの中の真実を見出す生き方をわたしはえらびます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.02.11

    魂の目的
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

フォローする

PAGE TOP