BLOG

うつ病、更年期のお客さまの喜ばしい目覚め。

ヨガ歴8ヶ月のお客さまのお話です。

うつ病、更年期障害、薬も服用、身体も硬すぎて麻痺している、仕事もできない状態でした。でも、ヨガは好きで気に入って通ってくださっていました。

*

先週のこと、、もう半年以上経つし、ヨガをしてる時にどんなこと意識してるかみなさんに聞いてみました。

「森の中をすーっと奥深くまで歩いていて、、、」

「えー?森?すごーい!」と居合わせたみなさまおっしゃいましたが、、いやいや、、すごくないですよ〜。笑

*

妄想の世界に入り込んじゃってて危なかったりしますよ〜。ヨガは自分とつながること。ちゃんと自分と意識、繋げないと、、他のものと繋がっちゃいますよ〜!笑

*

意識が「今」に定まらず、「感じること」がわからない人があまりにも多いので、、ここ最近わたしのヨガは集まる方に合わせて、必要な場合には自分と意識をちゃんと繋げていただくために誘導瞑想もプラスしてます。

*

今日のUさまは「気分が落ち込んじゃって、、、身体のここが痛い、、緊張してます、、薬も飲んでます。でも薬飲んでも聞いてる気がしなくて、、友達はやめたほうがいいっていうし、娘は飲んだ方がいいっていうし、でも先生が飲んでくださいって言うから飲んだほうがいいのかな〜と思って飲んでるんですけど、、でも、、、、」という迷いがエンドレスに出てきます。

そんなUさまへ今日は誘導瞑想。身体に集中して、ここはどんな感じがしますか?それはどんな感覚ですか?どんなふうに変化しますか?どんな感じですか?ということを身体のあちこちに丁寧に丁寧に意識を向ける。そして感じ取る練習。感じたものを感じたままにする練習。

痛みを感じたらそれがいつまで続くのかみてましょう。軽さを感じたら、それを好きなだけ味わいましょう。

*

それをし続けた結果最後にUさんから出た言葉。

*

「今日は泣きそうになりました。自分の身体に対して、今までぜんぜんみてなかったことをごめんねって泣きそうでした。ぜんぜんみてなかった。身体中にごめんね、痛かったんだね、ごめんね、って。薬でコントロールしようとしてたけど、コントロールなんてしちゃいけないって、そんなことできるはずないって思いました。落ち込んでたら落ち込んでてもいいんだって思ったんです。自分のことこんなふうに思ったことなかったです。わたし変われます!」

そうおっしゃる立ち振る舞いが、来た時と全然ちがう。もう変わってます。素晴らしい。これからがますます楽しみです。

*

身体の症状がどうだとか、それに対して病院はだめとか薬がだめとか、、そんなことはご本人の自由意志なので、何を選んでも良いと思っています。

しかし、心の迷いが消えて自分の意思がちゃんと定まったことが素晴らしい!ちゃんと、繋がりました❤️

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP