BLOG

わたしの想うヨガ。

おはようございます。risaco です。

ヨガにはプロセスがある。

学んでゆくほどに奥の深いヨガ。

やればやるほど、知れば知るほどにやり方が変わり、向き合い方が変わり、その時々の自分にあったものが得られるように想う。

*

はじめは、ただなんとなくやってみる。

*

ヨガをする理由きっかけなんて人それぞれ。そこに向ける想いも当然みんな違う。健康のため、美容のため、精神のため、ダイエットやストレス解消、健康維持、痛み解消、、、

すごいよね。みんなそれぞれに合う効果が期待できるのだから。

*

しかしそれはほんの入り口。

もっと追求してゆくと、その悩みを創り出している自分に気づいてゆく。だんだんと、自分の在り方に気づいてゆく。

*

心と身体のつながり。

感情や症状とのつながり。

*

自分の身体の小さな変化に気づくようになる。

その気づきの力はさらに広がり、自分の感情や思考の動きに気づくようになる。自分の感情が生まれる瞬間、身体が反応することに気づくようになる。

*

最近、ヨガのお客さまで何人かから『わたしの前にいた人が肩にすごく力が入っていて、ものすごく無理していて、力抜けばいいのにな〜と思って見てました』『先生は直さないからなんでだろう?と思っていた』とおっしゃいました。

*

もちろん目指すべきなのは、力みのないポーズなのですが、この方は、肩に力が入っていたって、今この瞬間、ヨガが好きでヨガを味わいたくて、肩に力が入っていようがいまいが、楽しんで、自分を味わってらっしゃるのだから、もう素晴らしいことだと思って、ぜーんぶひっくるめたうえでこの方の「今」を尊重して肩に力が入っているのすら見守ろうとわたしは思っています。それがこの方にとって今、必要なプロセスだからね🌟だから、周りの人が、自分の意識を向けて他人にエネルギーそそぐ必要ないんです。もちろんケガをしそうな危険な場合は安全な方法をお伝えしたり、時には気づきのきっかけをお伝えすることもあるけどね。

*

むしろ、このお話をしてくれた方たち。

ヨガの最中に、

▶︎他の人に注意を向けている。

▶︎さらにそれをジャッジしている。

そのご自分の意識に気づいて欲しい。

他人にエネルギーを注ぎ、思考を働かせ、ジャッジしている、そのエネルギーこそが身体を力ませます。問題を生み出してしまうんです。

身体の症状も、他人の言動も、目の前に与えられたものは全て、自分に気づくためのきっかけなの。そのヒントを受け取り気づいていく。

それこそがヨガだと思うんです。

そうゆう、縛り付けているエネルギーがとれると、身体の症状も、心の状態も整ってゆきます。

*

しかし、それが難しいから、

身体からアプローチすることがヨガなんですね。

だから、わかりやすい身体を扱う方法で自分と向き合うことをお伝えしています。とにかく、わたし達が自分に集中して、自分自身にエネルギーをそそぐことで、お互いのバランスが保たれ、うまくいくと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP