BLOG

キリスト意識 善悪の統合、愛の階層

こんにちは、岡田です。

先日、妖怪退治のプロフェッショナルである、武和さんの本を読みまして、この本はキリスト意識、無条件の愛 のことを言ってるな。

とおもいました。

この本では(正しい事は止めましょう)

と書かれています。これはどういうことかといいますと、

正しい事はやりすぎると悪に変わると言うことです。

はじめのうちは自分が心地良いと思っている範囲内でやっていることがあるとします。

そのうち周りの人にもやってほしいと思い始めます。

そうするとだんだんそのことについて執着し始めます。そしてやっていない人たちを批判し始めます。

その瞬間妖怪と言う、マイナスのエネルギーが発生しています。

ここはニュアンスがとても微妙なので誤解をされがちですが、ここがわかると善悪が統合されます。

自分が好きでやっているうちはいいんです。

好きなままで執着し始めるようなことがないように注意したいですね。

この世界は善もあれば悪もある。

そこを認めることです。

愛も階層があります。

恋愛、家族愛、無条件の愛

階層の低い愛は、悪に変わりやすい。

恋愛はとても楽に変わりやすいです。仲の良い時はとても満たされています。しかし相手を縛りつけようとし始めると、執着になり憎しみに変わります。

これはとても低い愛です。

一方無条件の愛と言うのは、自分が嫌悪感を感じる相手も許してしまう全てを包括した愛です。

それがキリストが言っていた、無条件の愛です。

愛=赦し 感謝

愛の最もエネルギーが高いものが、赦し、感謝です。

感謝という感じは、謝る という漢字が使われています。

悪を赦し続ければ、必ず平穏が訪れます。

ホオポノポノは、問題に対し

ごめんなさい 許してください

と唱えます。

それは赦しでしか、そのネガティヴなエネルギーは浄化していかないからです。

ヒーリングは邪気に対し、感謝と赦しの意識で行います。

自分のお金を盗まれたらどうしますか?怒りますか? 憎しみますか?

無条件の愛を知っている人は、許します。

許せない場合、怒りや憎しみのエネルギーは妖怪となって、いつまでも自分を蝕んでいきます。

その結果が、国との争いでは戦争になります。個人での争いでは裁判になります。

こんなことを人間は何千年もやってきました。

でも結局は許すことでしか善悪を統合することができません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP