BLOG

ケガをしないヨガ

こんばんはrisacoです。なんだか最近、ニュースでヨガ人口が急増し、ヨガでケガをする人も増えている、、、という話題が上がったそうですね。ヨガ=risaco!と思いついた方何人かからご忠告受けました。まず、真っ先に思い浮かべてくれてありがたいです。そして、やはり、ヨガで身体をいためてしまう方がいらっしゃることも現状ではあるようです。

それでも、やっぱり、わたしは「ヨガで心身が健やかに、より自分らしく生きるための術」としてお伝えしてゆきたいな〜と思います。

そもそも、なぜ身体をいためてしまうんでしょう?

やっぱり、そこには、自分の身体を理解していないことが根底にあるように思います。自分の身体のどこをどう動かすとどうなるのか?今、自分の状態はどんな状態なのか?とにかく、どんな瞬間の自分にも気づき、自分が安定し心地よい感覚を深めていくことが大前提です。

そして、そこが理解できず、身体を傷めてしまうことが必ずしも「悪」ではないな〜と感じます。その痛みやケガ、から気づき学ぶことも大いにあります。どんな感覚も、自分と繋がるための大切な大切な財産です。

とにかく、それに気づいてください。

それこそがヨガの第一歩。

———————————–

な〜んて言っても、やっぱり、普段忙しくしていたり、自分以外に意識が向いていたりする人が、急に気づくなんて難しいんだろうな〜とも感じます。

だから、今流行っている「ヨガ=ポーズ」はヨガの入口である重要なお役目だと感じます。

まず、真似する。

でも、真似することを目標にしないで、、、その先にあるのは「もっと!」「もっと!」という果てしない欲求。

真似したあとの身体からのフィードバックをちゃんと感じよう。

どんな感じがする?

心地いい?それとも何か違和感がある?その違和感に瞬時に気づける人こそが、ヨガの上級者だと思います。決して、難易度の高いポーズができることが上級者ではない。深く自分を理解して、その瞬間瞬間の最適な状況をチョイスできる人かな〜なんて思います。

————————-

しかし、、、

わたしたちの思考や身体の癖は、今までの状態を記憶していて、そこへ戻ろうとします。肩こりがある人は肩に力みを残したままポーズをとっていたり、腰痛がある人は腰に負担をかけながらポーズをとっていたり、、、ヨガって普段の癖が出るんです。その癖をもったままヨガをすると痛みが増してしまうこともあります。ちゃんと気づいていくこと。なのに自分では気づけないんですよね、、それに気づくためのエッセンスをヨガのレッスンへ取り入れています。

来月のテーマは「身体の使い方基礎」身体の使い方、「身体を痛めないための大原則」を1ヶ月かけてお伝えしてみようかな。気になる方どうぞお越しください。

それから「ヨガ=ポーズ」を十分味わった方は、そこから抜け出してみてください。ヨガ=ポーズはほんの入口にすぎません。ヨガのポーズ(アーサナ)はヨガのほんの一部です。

「ヨーガのハ支則」というヨガの全体像と目指すゴール地点を記した教えがあります。そのハ支則をちゃんと理解し、その上でアーサナを理解&体得してゆきましょう。ヨガの本質を体験してゆきましょう。

💗ヨーガアーサナ探求講座(1DAY講座)

3月11日(日)10::00-17:00 ¥12,500

1日かけてたっぷりとヨガを学んでみましょう!


💗瞑想レッスンはじまります

《土曜日14:00〜1時間程》¥1500

講師  岡田大樹

俯瞰する、自分に気づく力がつきます。瞑想初心者さんから参加できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP