BLOG

スポーツとヨガ

こんにちはrisacoです。昨日の葉山の宇宙授業から帰り、自分とつながり過ごしています。

そう、今までは、ブレたら戻る、そのためのヨガ、長年そんな感覚でヨガをしてきましたし、そうお伝えしてきました。そして、それを楽しんでいました。

でも、この数ヶ月で起きた事象と新しい感覚は「ブレずにずっと自分でいられる」ということ。

それは、右利きだったのを左手を使うようにするかのような、単純だけど、長年のくせを意志を持ちシフトチェンジしていくような。

今まではズレてたのが自然だった在り方を、ブレずに自分につながり生きる在り方へとシフトチェンジしていく。ヨガしてる時だけの平安じゃなく、いつだって、平安な自分が生きていく。

素晴らしい、喜ばしい生き方にとても感動しています💓

さて、今日はこんな質問がありました。

『スポーツを習っていて、その試験を受けました。試験には合格だったけど、でも、緊張していつも通りの結果が出せなかった。合格したけど、100%力が出せなかったことに納得できないんです。スポーツのコーチに聞いても「練習するしかない」「努力する」としか教えてくれないんです。努力してるのに。だから何かコツはないですか?』

というお話でした。

こんなこと、体験したことないですか?

うまくいかない

いつも通りの自分の力が出せない

緊張してしまう

そんな時、意識がどこへ向いてるか???

が100%自分の力を発揮するためのヒントです。

緊張するってのは「自分じゃないよ」っていうサインです。

自分軸から他人軸に切り替わって、意識は

「どうしたら高評価が得られるか?」

「どうしたらよく見られるか?」

「どうやれば、100%の力が出せるか?」

思考が優位に働いて、外に向かってるとき。

それじゃあ100%の力は出ません。

だって100%自分にいないから。

シンプルです。

自分に意識をつなぐこと。

難しく考えないで、とってもシンプル。

純粋に心の底から、楽しくやれば🆗!

わくわくして、めーいっぱい味わって、

楽しくイキイキと。

そんな時って1番自分に近い気がします。

スポーツの世界では「ZONE」と呼ばれる境地があります。集中とリラックスのギリッギリの意識状態に起こるヨガで言えば「サマディー」「空」の状態。

まさに意識が今ここ、自分に向かい、超集中状態。覚醒。そんな時に、球が止まって見えたとか、200%の力が発揮できる。

そう、100%が自分じゃない。

ほんとうの自分につながると、無限の力が生まれる。

ご相談された方はそれを聞いて、、、

『いや、常日頃の話じゃなく、試験の時の話です。いつもはできても、試験のときできないから』

とのことですが、どんな時でも一緒なんです🙆✨

どんな時でも自分で生きるためのヨガです。

明確な意志を持ち、右利きから左手に変えるように、自分にフォーカスしていきます。やがて、自分でいることの方がとてもナチュラルなんだって気づきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

フォローする

PAGE TOP