BLOG

ダークな心。

こんにちは。ダークな心が飛び出し中なrisacoです。ほんとはピュアでときめく新鮮な情報を、と思っていたのだけど、心がクリアになってからにするとして、今日はダークな内容でお届けします😈💕笑

ここ数日、無性に無性にイライラしてイライラして、うぉ”ーーーーーーーー!って状況がたーんとあります。特に、人に対して、トゲトゲしい心が飛び出し中。こうゆうダークな感情って一見よくないし、ましてやヨガをしてる人のイメージって「穏やか」「平和」な感じがするし、そーゆうものを押し込めがちです。でも、「穏やか」で「平和」な人というのは、ごくわずかな悟った人のように思います。心の底から満たされていて全てのものと調和している。

もちろん、そこを目指しているけど、このダークな心を無視してむりやり押し込めて「平和なふり」しても心の底から満たされているのとは違う。悟っていないわたしたちは、やっぱり、何かの拍子にダークな感情が飛び出して苦しさを生み出し悩まされる、その本当に心の底から満たされて調和のとれた状態になるには、このダークな心がキーポイントなのですね。

————————————————–

無性に誰かに対して「なんでちゃんとやってくれないんだ」「こんなに言ってるのに、ちっとも理解してくれない」「何度言っても伝わらない」というイライラが心の奥でドッカーーーーン!噴火。別にそれを、相手にぶつけることはありません。でも、とことん怒りを味わうんです。

「くそーーーー!」

「一体なんなの?!」

「いい加減にしろー!」

って怒りまくりながら、それをもう1人のわたしが高い視点で俯瞰しています。

『ふーん、わたしにはこんなに怒りの感情があったんだな〜』

『こーゆうことに怒れるんだ』

やがて、それも味わいつくすと過去の記憶が出てきます。

『ああ、そういえば、いつもこうゆう相手にイライラしてたなあ』

『ああ、そういえば昔こうだったなあ』

記憶を味わってゆくと、またさらなる過去の感情が出てきます。

『ああ、そうだった!あのときものすごく悲しかった』

『みじめだった』

そこまで深く俯瞰できればこっちのもの。

目の前の相手にイライラしていた原因がみえます。
ダークな心と出会うとき、自分でも忘れるほどの小さな出来事かもしれない、過去の記憶に再び会うチャンスなのだ。

本気で向き合い集中状態になると、わたしの場合過去の映像がみえたり、感情が溢れて、涙が出たり、、、鮮明な感覚でたくさんの気づきが起きてゆきます。

*

過去に傷ついた自分。

人から何か言われたり、感情を背負わされたり、、、それも俯瞰し続けると「◯◯された」と思い込んでる自分に気づきます。

過去をニュートラルにみる。

こんがらがった感情がするするとひどけてゆく。

*

わたしが感じた「ちゃんとやってよ」という他者への怒りは、幼少期の記憶からちゃんとしなくちゃいけないと思いを背負い込み、責任感をどっしりと抱え込んでいた背景があった。そんな背景に気づき、真実に気づいたころ、やがては、他者への心からの感謝が生まれる。ようやく、心の底から、相手を尊重できる。背負いこんだものはじゃんじゃん脱ぎ捨てる。

*

というわけで、ここ数日、なにかめまぐるしく放出中のわたし。笑

他者への怒りが心の奥でドカーンとなっては、自分感情や記憶に気づき、それを手放せたら軽くなり、相手に対する心地よさを感じ、、、たかと思ったら、また、怒り、気づき、手放し、感謝、、、また、、、一体どんだけ繰り返すんだろうか、という感じですが、ひたすら、記憶の解放中です。

それにすら反応しない瞑想法もありますが、今回はとことん向き合い解放することにします。

*

ダークな心、感情も否定しなくていいんですよね。

あるもんはあるんだから、と開きなおってとことん怒ってみます。笑

*

ただし、怒って文句言って終わり、じゃ意味ないですし、さらに問題が膨れ上がるだけですのでご注意を。

高い視点で俯瞰するのがカギですね🔑💕

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP