BLOG

ヒーリングという言葉の意味、概念

こんにちは 大樹です。

治療家の道を歩み始めて10年ほど経ちました。

はじめはむつう整体という波動で脳幹を活性化し、自然治癒力を取り戻す療法を学び、

その後、シータヒーリング、アクセスバーズ、西洋の結界法や光を降ろすもの、さとう式リンパケア、クラニアル、内臓調整、ハンドヒーリング、みくさのみたから、レイキ、ヨーガ、自己開発法、白川神道の祓いの行や自修鎮魂法、七沢研究所のデジタル機器の活用など、他にも色々学びました。

そのうち、ヒーリング という言葉の概念もどんどん深く理解できて行きました。

 

ヒーリングという言葉は日本でははっきりと明確な概念はありません。

日本語に訳せば癒し、であり、元々はキリストがある人の身体的不調を一瞬で治した。ところをヒーリングされた。心身の不調和を整える。というようなことが書かれた文献もあるようです。

なので癒す。という言葉は日本では現在はヒーリングミュージックやヒーリングマッサージなど、心が和む。リラックスする。ような感覚で使われることが多いですね。

しかし、語源からの意味から現在の日本や海外の概念をまとめると、

ヒーリングという言葉は、かなり幅広いわけで、

統合するとやはり、心と体の不調和を調和に戻す。という意味があると思います。

治療としては総合治療、統合治療だと思います。

カウンセリングだけでもヒーリングは起こりますし、「ホオポノポノ」のように

患者と会わなくても、自分自身をクリーニングすれば、相手が癒される。

ようは最適家される。

ということが起こります。

ヒーリングとは最適化でもあるかもしれませんね。

 

 

話変わりますが、

数週間前に名古屋のロフトで面白い健康器具を試してみました。

Dr.Air(ドクターエア) 3DスーパーブレードS」というやつ。

歩き疲れて腰が硬くなってたんですが、数十秒乗っただけで一気に緩みました!!

そしてすっごく気持ちよかったです。

これに乗ってるだけでインナーマッスルにも効き、シェイプアップにもなるようです。

シェイプアップは僕は必要ないですけど、あんなけすぐに腰が緩むのはいいなーと思いました(笑)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP