BLOG

ヨガで身体は柔らかくなるのか?

おはようございます。risacoです。

実は昨日、空いた時間に自分のチェックのために撮影してみたら、だいぶ前屈ができるようになっていました。いきなり、これを見せられると「わーわたしはムリ」と思われるかもしれませんが、わたしはもともとカラダがガッチガチに硬かったので「絶対柔らかくなるよ」って思います。

カラダの使い方のコツをつかんだ2016年の写真からしかデータがないですが、見比べると変化がわかります。これ以前の前屈は手が膝上までしか届きませんでした。よく「ふざけてるの?!」って言われてたけど、本気でやってました。

*

しかし、筋肉や骨格のことを理解して身体を動かしても、やっぱり筋肉の硬さには限界があって、2016年、2017年はこんな感じでした。ここ数ヶ月、前屈しようとするのはやめて、90度でもいいから、ちゃんと伸ばそう、という意識に変えました。それがだんだん、120度、150度、、、変化したみたい。【前屈しようとするのはやめて、ただその時にできる伸びを続けた】、、その結果気づいたら前屈できていました。

2016年、2017年は前屈しようとしてたのでなんとなく一生懸命やってる感が伝わってきます。2018年の状態は気持ち良さが伝わる。

*

身体の柔らかさは結果でしかない。

ヨガをすると身体は柔らかくなる。

身体を柔らかくするためにヨガはオススメ。

*

でも!

「今」この瞬間は「柔らかくしよう!」という力みは捨てて、ただその瞬間の「伸びを感じてみましょう」それを続けることができれば、後から気づいた頃に「柔らかくなってる」んです。

*

どれだけそれを言っても「でも、わたしはここが硬いんです」だとか「わたしはこうだから」とか「こっちもこうなんです」とかいっぱい出てきちゃうんですけどね、つべこべ言わずただ続けてみましょう。考えず、感じてみましょう。その考え、思考が身体を硬くしていたりしてね〜!

*

伸びて気持ちよければそれでいいじゃない☆そんな軽い気持ちで続けてみよう☆

*

ヨガをはじめた頃のわたしはカラダがっちがち。いつも、足が痺れるほどの腰痛で、コルセット巻いて、痛み止めを飲み、夜は座薬して身体を麻痺させて眠り、毎日病院へ通ってました。肩こり、頭痛も毎日あって、不満だらけでした。

*

病院通うくらいならヨガに通った方がいいです(笑)

*

そんなわたしがヨガが大好きになり、ヨガの先生に憧れていた時に、自分の好きなことして生きてる人に言われた言葉。

『やりたいことある?』

『じゃあそのために何してるの?』

*

それからわたしは意識が変わり、やりたいことのために今何してるか?と視点が変わった。

わたしは「身体の柔らかい先生になりたい」と思って、じゃあそのためにどうするか?

🔸資格を取る

🔸勉強する

🔸場所をさがす

じゃあそのために何ができるか?

🔸さがす

🔸本をよむ

🔸勉強

🔸ストレッチ

じゃあそのために何ができる?

🔸調べてみにいく

🔸ストレッチ法を調べて実践

必然的に今必要なことがみえてくる。

なりたい自分になるために、今、やれることを1つずつやる。それを続けたら、ちゃんと行きたいとこに行ける。そんな風に取り組んできました。

だからね、人一倍からだが硬かったけど、とにかく、やってきました。ヨガ歴はヨガを教える立場としてはまだ7年目ですが、濃密なヨガをしてきたと思っています。

*

身体の痛みや硬さや辛さも十分に味わって、そこから変化する歓びも知りました。そんな自分の経験と、学び深めてきた知識と、お客さまとの関わりで教わったこと、今わたしが伝えられることをお伝えしてゆきます☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP