BLOG

ヨガで身体を痛めた?

最近そんなニュースをよく耳にします。みなさまはいかがでしょう?大切なのは情報にとらわれず、ご自身がどうなのか?という方を大切にして欲しいと思います。価値観は人それぞれ、ですがわたしなりの想いを書いてみます。

*

わたしは痛みやケガが、かならずしも悪ではないな〜と思うので、、自分に気づくプロセスとしては必要な時もあるよね〜という視点をもちちつ、それでも指導する立場として、痛めない身体の使い方をお伝えしています。でも、当たり前ですが、どれだけ口で言ったって、触れたり、あらゆる方法で伝えたって、受け取り手が準備できてなければ伝わらないし、本人が気づくしかないので、そうゆう意味で、例え危なっかしい人でもある程度はご自由にどうぞ、というスタンスで見守っています。

*

ただ単に、身体の使い方だけ見れば、それを直す、というアプローチになるけれど、、、身体を痛める癖のある人は、そういった心の背景があるんです。身体を通し、そんな自分に気づき、心の縛りを解いてゆく。ほんとうの自分に気づくためのヨガ。それが、誰にでもわかる、身体や呼吸からのアプローチとして、より多くの人が実践できるようになったのは素晴らしいこと。

*

身体を痛めるのは、ヨガのせいではない。「ヨガで身体を痛めた」という結果で止まらず、そうゆうふるまいになった、自分の在り方に気付ければ、それこそが、ヨガなんです。そーゆう意味をひっくるめて、痛みやケガが必要な時もあるな〜と感じる。ただ、指導者として、できるだけ、安全で快適な道を示したいというわたしのエゴがあります(笑)

*

そーんないろいろを踏まえつつ、受けてくださる方に委ねています。

空のお客さまたちは、みるみるうちにヨガを習得なさっていて、はじめは危なっかしかった方も、ある瞬間に急にポーズが激変することがあります。そうゆうときにみなさまおっしゃるのが

*

『先生!!!ポーズがぜんぜん違います!』

『あれ?これでいいの?すごい楽です!』

『わたし、今まで、無理してたんですね』

*

自分でどちらも体験するからこそ気づくこともあります。そして、この自ら得た気づきは、身体面でも不調を改善し、精神面でも明るく穏やかで安定し、人間関係でも心地良い関係が築けるようになる、素晴らしい変化になるもんなんです。

大変な人こそ、その背景に広がる可能性を信じて見守っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP