BLOG

ラグーナビーチ100人ヨガ中止のお知らせ★

こんにちはrisacoです。

先日ご案内しましたこちらのイベントですが、開催中止となりましたのでお知らせいたします。

一見、中止ということに関してネガティヴなイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、今回、このイベントが中止に至った経緯がとても良いプロセスだったように感じます。

中止=良くない、だとか

人に迷惑をかけるとか、途中でやめるのはくないだとか、何かしら偏った視点があるとそのように見えますが、現実はいつだって中立なんです🌟

わたしはこの流れが最善であったと感じています。

このイベントをすすめるにあたって、表面的な言葉や文字、イベントの内容やその他もろもろ、、その奥にあるヴァイブレーションに違和感を感じていました。

表面的なイベント案は素晴らしいのだけど、なんというか内側に響くものがすっぽ抜けている感じがしておりました。

その違和感、ズレ、このズレたままものごとを進めていくと、進めば進むほど、その不調和が響く。そんなズレたままの場所で、イベントを開催しても、そのズレた響きがお客さまに響いてしまう、、と感じ、わたしはわたし自身の違和感を手放すためにこのイベントを辞退することになりました。

それと同時に、主催者さんも「ズレ」があったようで、中止を決められたそうです。

もっと、協力すればよかった、とのお声もありましたが、そもそも、ベースに「想い」がのってなかったようにおもいます。じぶんの内側から沸き起こる「意志」があれば、自ずとそれは調和し、自ずと協力する形が出来上がるものです🌟

これまでのわたしたちの多くは、人に合わせることで安心して、人に合わせることが「協力」だと思ってきました。人に合わす、つまり、じぶんを後回しにして、人に合わす、じぶんの意見を抑えたり、気遣ったり、遠慮や礼儀や、配慮、それらすべてはじぶんと分離するための周波数です。

ですから、霊和の時代に入った、いま、このやり方はもううまくいかないんですよね。

うまくいかないものをうまくいかせようとがんばることもしなくていい時代に感じます。

わたしたちひとりひとりが、ほんとうのじぶんとつながり、じぶんのなかの真実を選ぶ🌟

ひとりひとりが、そうしたとき、自然と和と成す。それが、霊和の時代なのだと感じます。

わたしは、今回、その大切な手放しができ、良いプロセスであったと感じています。

もし、今回の件でなにか感じた方がいらっしゃれば、それがどこからきているものなのか?確かめていただきたいです。

例えば、こうあるべきだ、という観念とか。

良いとか悪いの分離とか。

迷惑をかけた責任感、罪悪感とか。

申し訳なく思うとか。

これって、美しいとされてきた道徳心。

でも、すべて、じぶんと分離しているんですよね。

たぶん、まだこの感覚が通じる人が少ないかもしれないけれど、わたしは発信します。

こういった、念とか、同情心とか、罪悪感とか、ぜーんぶとっぱらっていかないと、ほんとうのじぶんに戻っていけないのです🌟

そんな風に、このタイミングでわたしたちひとりひとりが今いちど、じぶんをかえりみるチャンスとなったかな〜なんて感じています🌟

素晴らしいご縁の巡り会わせと、いつでもサポートされていることに感謝します🙏

わたしたち一人ひとりが自分の想いを大切にしていれば、自然なかたちで素敵なイベントはまたできると思います❤️

またの機会によろしくお願いいたします❤️

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.04.1

    内にこもる
  2. 2020.03.30

    嘘のない世界
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

フォローする

PAGE TOP