BLOG

小さなお産

おはようございますrisacoです。いつもblogをご覧くださってありがとうございます。このblogは、わたし自身がヨガと瞑想を実践していく中での気づきをつづっています。今日はわたしが体験した『ちいさなお産』のお話です。

実は、わたしは数ヶ月まえにちいさなお産(流産)を体験しました。その体験が、とてもとても素晴らしく、ほんとうに幸せな体験ができて、とても満足しています。

わたし自身が1番びっくりなのですが、流産=辛く悲しいネガティヴなもの、だと思っていましたが、まるで違う体験でした。

*

*

実は受精した日に夢をみたところからはじまります。

先祖たち、お母さん、わたしとつながる列の先に赤ちゃんがふたり。その子たちが、水に沈んでいったところをわたしがすくいあげました。

で、先祖⇨母⇨わたし⇨赤ちゃん、、ってことはあの子たちはわたしの子なのかな〜な〜んて思っていたら、ほんとに妊娠していました。

*

*

わたしは大樹くんと付き合いたて当初から『わたしは赤ちゃんを産むとき立って産んでみたいんだよね〜で、産まれたての赤ちゃんでもお母さんのおっぱい求めてハイハイするのが自然な姿みたいで、産まれた瞬間からそんな体験をさせてあげたいんだよね〜。』なんてお話してました。

すると大樹くんは『俺は、母なる大地に産み落としてほしい。土の上に産み落として、藁で包みたい。だって、病院の除菌されたシーツのほうが汚いと思う。産まれた瞬間から地球とつながる安心感がある』な〜んて言っていて、おーーーすごい人と付き合ったな〜(笑)でも、病院のシーツより、土と藁!わかる!って感じでした。

*

*

そんなわたしたちですので、岡崎市にある吉村医院を受診しました。ここを選んだ理由は「自然なお産がしたいから」です🌏💓

*

初診では、まだ心拍が確認できずまた受診してください。とのことでした。

もう、このころすでに、わたしのお腹の奥の力づよい振動が鳴り響いていて、、とても感動したのを覚えています。もちろん、まだ、姿かたちもない赤ちゃんなので胎動は感じられないはずなのに、生命の振動は、力づよいヴァイブレーションとなって、ドクンドクンと響きわたりわたしへと伝わってきていて、、あ〜これが創造のエネルギーなんだな〜なんて感じていました。その響きを感じているだけで、とても、とても幸せでした。

常日ごろから、自分のプラーナ、エネルギーの流れを身体のあちこちで感じていますが、、明らかに、自分のリズムとは違う振動がお腹の奥にある、、そんな感じでした。

しかしそれが、1週間ほどすると感じられなくなったのです。あれ???あの響きがない、、なんでだろう、、わたしの身体と馴染んだのかな〜??

もうすべてがはじめての感覚なので、ひとつひとつ体験して確かめていくプロセス。

病院へ行くと、赤ちゃんの育つスピードが遅い、よくお産を登山に例えるのだけど、これは、険しい登山になるかもしれません。そう先生に言われました。

あの響きが弱くなってたのは、赤ちゃんの生命のエネルギーも弱くなってたってことだったんだ。

ぜったいにわたしは大丈夫だと思ってたのに。

思いつく限り、赤ちゃんが元気に育つように、、わたし自身の生命エネルギーを高めることに努力しました。

それでも、やっぱり、育っていなくて、、先生たちも「たぶんそのうち出てくると思うから」というお話ばかり。

受け入れたくなかったり、それでもわたしは赤ちゃんが育つことを願ったり、自分のせいなんじゃないかって責めたり、他の人を羨ましがったり、たくさん泣いたし、いろーんな想いが出ました。

先生は「りさこさんの心と体の準備ができたら、自然にお産がはじまりますから。待ちましょうね。これも、ちいさなお産ですから。しっかり、産み出しましょうね。」そんなふうにおっしゃってくださいました。

ほんとうに、わたしの心と体が受け入れる準備が整ったときに、ちいさなお産ははじまった。

これもお産だから、ちゃんと陣痛がありました。

とても痛かったけど、これはわたしが今やるべきわたしの使命。痛みを感じている間も、たくさんの感情や考えが通り過ぎていった。

さいごのさいごに「もう終わらせたい!」

そう思った瞬間に、小さな赤ちゃんが出てきました。

あれ、、、、

ものすごい壮快感。

すごいデトックス感。

とても、とても、スッキリしている。

そんな自分に自分がびっくり。

あれ?悲しんだりしないの?

そーゆうネガティヴなものが一切ない。

きっと、ほんとうに産み出すまでにたくさんの感情や考えを味わい尽くしたんでしょうね。そのすべてを産み出したわけで、そりゃ〜もう、人生最大のデトックスをした感じでした。産み出すまでに味わい尽くし、心と体の準備ができたから、素晴らしい体験となった。

それまでわたしは「ぜったいに赤ちゃんを産みたい」という強い願望がありました。でも、今は「生命を育み、産み出す体験ができて、心から満足している」わたしがいて、、妊娠してもいいし、しなくてもいいし、どちらも大丈夫なわたしがいます。そりゃ〜、子どもから教わることって最高のギフトだから、子どもを育てる体験もしたいですけどね〜😊💓

ひとつの生命と向き合い、育ませていただいた体験にこころから感謝しています。

わたしはいま、とても幸せです。

流産って体験するまで、すごくネガティヴなものだと思っていたけれど、全然違いました。

最高のギフトです。

なんと流産した翌日に、キネシオロジーセラピーの予約をしていたので、みてもらったのですが、、

まだ魂が入る前でしたのでシンプルなお産でした。今回は天使がわたしと大樹くんの関係を良くするために助けてくれたんだそうです👼💓

たしかに、この体験を通し、わたしたちの関わりやお互いに対する思い、理解が深まりました。

*

産み出した生命はしっかり供養しました。

さいごに吉村さんへ産み出した塊をもっていくと、その中を解体して見せてくれました。

とても、綺麗な色をしていて、感動しました。こんな生命を育める、自分って素晴らしい存在なのだと知りました。

素晴らしい体験にこころから感謝します🙏

自分が体験して知りましたが、わたしが体験した渓流流産は4人に1人がなるそうです。割合的には結構多いんですね。そう思うと、世の中には体験してる方が多いのかしら。

当然、ひとりひとり、体験はさまざまですが、ちゃんと生命と向き合い、その体験を味わいつくすことで、流産も素晴らしいギフトになるんだと感じました💓✨

流産に限らず、、

どんな体験もそうですよね🌟

すべての現実は中立で、ただ起きている。

それでも、怒ったり、悲しんだり、悔しかったり、妬ましかったり、するのならその想いをちゃんと体験して消化させてあげたい。未浄化の想いが光にかえったとき、どんな体験であっても、それはギフトになります🎁💓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP