BLOG

心のヨガ

こんにちはrisacoです。


今夜は『ラージャヨガビギナー』開催します。

空kuuではヨガ初心者さんが多く、はじめての方が取り組みやすい「ハタヨガ」のクラスが多く人気です。でもね、実は1番オススメなのがラージャヨガ。
そもそも、、、ラージャヨガって何なの?

簡単に言うと、心のヨガです。ハタヨガが身体からのアプローチだとするなら、ラージャヨガは心からのアプローチをして、自分を知っていく。

いつも、揺れ動いている「心」。

この心が、感情を生んだり、記憶をしたりするから、苦しみが生まれます。その心の働きを見つめて、気づいて、知っていく。まずは、自分の心の性質を知ってみましょう。

「自分を観る」「正しく観る」力がついてくると、やがては、「心の働き」と「自分の意識」が切り離せるようになってきます。ヨガの八支則でプラティヤハーラという段階。感覚が制御できるようになってきます。自分の心のくせに気づき手放していくヨガ。

心の働き、例えば「怒り」、、、

例えば、車の運転中に目の前の誰かが、ノロノロ運転で走っていたとします。その車に気づくと、記憶が出てきます。例えば、遅刻した記憶、そこで分析がはじまり、早く走って欲しいという欲が生まれ、、、それでも遅い目の前の車に怒りが生まれて、、、イライラしたり、文句言ったり、急かしたり、焦ったり、、、そーゆうことってないですか?

この時、心の働きは、、、

知覚して、分析して、欲望を生み、怒りを生み、焦り、不安、渇望感、嫌悪感、威圧感、、、いろーんな働きをします。この心の働きに気づくことなく、どっぷり浸かっているとそりゃもう大変です。

でも、プラティヤハーラの訓練をしていると、こんな時でも、いつも自分の心の働きに気づいています。

心に飲み込まれることなく、気づいています。

あ、怒りだな〜とか、あ、不安感だな〜とか、気づいています。やがては、気づいている方がほんとうのわたしという気づきが起きます。

そんな風に、真実を観る目を磨いてゆくヨガ。

この時の真実は、目の前の車が「◯キロで走ってる」それだけ。そこに過去の記憶や感情がくっついて、自分中心な分析がはじまって、、、真実を歪めていく。時には、「◯キロで走っている」ただそれだけの人を自分の心の中で、ものすごい悪人にもできるし、弱者にもできるし、ものすごい善人にもできる。それはぜんぶ心が創り出しただけの世界。心の創り出した世界に生きていると、もう大変です。

心の働きを止めて、意識で世界をみてみるととてもシンプルでクリアな世界が広がっています。

体験しないとわからない、継続することで変化してゆくヨガですので、ぜひご体験くださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP