BLOG

心のレベルでヨガをする

こんにちは。risacoです。

今日のヨガは、半年ほど通っていただいている方から、いつまで経っても、身体が柔らかくならないというお悩みを聞きました。

この方は毎日、一生懸命に筋トレしたり、ストレッチもして、ヨガにもいっぱい来てくださいます。それなのにいつまで経っても硬い、、これは骨の問題なんじゃないか?何が原因なのか?とたくさんのお悩み相談をされました。

ズバリ、言います。

*

そうやって、

「なんで硬いんだ?!」

「どうしたら柔らかくなるんだ?!」

「何が原因なんだ?!」

って具合に、心が休まらず分析して思考が止まらない、、、そんな風に忙しくしている心が身体を硬くさせる要因の1つなのです。

こんなにも毎日、毎日、ストレッチしてるのに。

なぜ?

なぜ?なぜ?

答えはかんたん。

*

今の身体を受け入れてないから。

気づいていようがいまいが、自分の心の奥深くにある根っこの部分が自己否定してる。

だからストレッチして一時的な筋肉の伸びはつくれても、時間が経てばまたカラダの硬さは戻ってくるんです。

*

今日はそんなお話をして、今までカラダと向き合い一生懸命にやってきたこの方だからこそ、これからは心のレベルでヨガをするテクニックをお伝えしました。

ヨガにはいろいろなステージがあります。

まずは、カラダのレベルでのヨガ。

身体の痛みや硬さを一生懸命になんとかしようとする段階です。一生懸命に今まで硬かったところを伸ばしてネジって、、、ちょっと軽くなった〜って自分の体を知っていく段階。

*

でもね、どうしても、どうにもならない痛みとか、硬さとか、ぜったいに出てくるんです。向き合えば向き合うほどに、真剣な人ほど、出てくるもんなんです。

*

そしたら第二ステップ。

心のレベルでのヨガをしてみましょう。

▶︎わたしは身体に対してどう感じてる?

▶︎今の自分に対してどんなこと望んでる?

視点を変えると、身体を硬く強張らせていた心のくせがみえてきます。そのくせをほどいてゆくと、あら不思議、ストンと体はもう一段階柔らかくなります。

今日の生徒さんは、今まで一生懸命に「これでもか!」ってくらいに全力で身体を伸ばし力づくでやっていたんだけど、、、

その力づくを99%にして、のこりの1%は「まあいっか」にしてみた。

頭の力が抜ける。

身体がゆるせる。

穏やかな呼吸ができる。

呼吸で身体が開いていくのを見守ってる。

*

今まで必死でやってきた人の自分に注ぐエネルギーが切り替わった途端に、ヨガのポーズは、素晴らしく穏やかで優しく、気持ちよくっていつまでもしてたいくらいに気持ちよくなるの。

今までこの苦しさを自分がわざわざやってたんだって気づく。

ほんとは、こんなに力を入れなくてもよかったんだって気づく。

*

そうなったらこっちのものだよ!🌟

日常生活の問題もだいたいそんなとこ。

*

自分の心をマスターすると日常生活がとても楽です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP