BLOG

感じるって何?わからない人へ向けるプレゼント

いつもヨガでご一緒してくださっているみなさま、これまでご一緒してくださったみなさま、いつもありがとうございます。

わたしとご一緒してくださった方は幾度となく聞いたであろう言葉

「感じて」

さて、、、

「あなたは今何を感じていますか?」

の問いかけにどれだけ多くの方が「???」頭にハテナマークが浮かんだことでしょう。

「今、身体はどんな感じがする?」

の問いかけに、どれだけ多くの方が戸惑ったことでしょう。

*

*

「こうしてください」「ああしてください」

「そうじゃないです」「あっています」

って言われた指示通り動くのって安心するよね。でも、自由に好きなように動いてくださいって言われたときの不安感(笑)体が心地よい方に動いて見ましょうって言われても、、、好きなペースでいいですよって言われても、、、好きな形でいいですよ、自分のやり方でいいですよって言われても、、、自分を感じてないとわからない。いつも言われた通り、決められた通り、規則どおり、正解どおり、生きてきた人は余計に不安。

そうなの。それもそのはず、そうやって生きるように育てられてるからね。でも、なんか違和感があるから、身体は不調なんじゃない?何か心の奥と頭の中がバラバラだから、心がおかしくなっちゃうんじゃない???

*

難しいのは承知で、何度だって言います!感じて!

そして、ヨガに来て、心身の不調を改善したい方のそのほとんどが、感じることが苦手。

それもそのはず、、、感じることをおろそかにしているから、その不調が現れているんです。

だから、わからないの承知で言います。

「感じましょう」

わかっても、わからなくてもいいから、やろうとしてみてください。やったことない人が「できない」って言うんです。でもほんとにできないの?やってみたらどう?ってわたしは提案したい。

身体はどんな状態?

頭は?

重い?軽い?ぎゅっとする?ふわっとする?ずっしりしてる?しーんとしてる?ざわざわしてる?

肩は?

力んでる?緩んでる?緊張してる?くつろいでる?こわばってる?痛い?重い?軽い?

足裏は?

体重感じてる?安定してる?不安定?足の裏はぴたーっとついてるとか、指先がこわばってるとか、重心がずれてるとか、冷たいとか、あったかいとか、、、鈍いって感覚でもいいよね。

指先は?

手のひらは?

お腹の奥は?

背中は?

骨盤は?

胸は?

喉は?

首は?

顔は?

息はどんなペース?

どうですか?

集中してみたら、きっと何かあると思う。

多くの場合、それを味わわずに、先を見て「どうしたら良くなるか?」に向かってしまったり、執着して「なんでこうなんだ」って過去にとらわれたり、、、今、にいない。

そこにどんな感覚があったっていいよ。

どれが正解で間違いとかそんなもの一切ないから。もちろん、解剖学的に、安全な身体の使い方はあるよ。でも、頭で考えずに、感じてみたらどうかな???

どんな感覚があろうとも、今、自分の中にあるそのひとつひとつが真実。

まずはそこに「気づく」こと。

*

*

でもね「感じる」が難しくなっちゃった人にはすごーく大変なプロセスだと思うんだ。

思考が邪魔するから。

思考はこれまで自分は自分を守るために、より良くするために働いてきてくれたから、思考が働くのもそれはそれでいいの。

でもね、できないって人へプレゼント。

そんなときにヨーガの教えが役に立つよ。

ヨガのベースには哲学があるの。肉体を扱うだけではいつか無理が来るからそんなときの助けになるよ。

aviyasaアヴィヤーサ(修習・努力・集中)とviragyaヴァイラーギャ(離欲・放棄・手放し)

という教えがあります。

わたしたちにはもって生まれたKALMAカルマという背負っている記憶や癖があり、その癖がことあるごとに飛び出します。

そんないつもの癖から抜け出す努力が必要なのです。何にもしないで「感じる」ことだけしていても、いつも通りの思考が襲ってきて、いつも通りの心身が不安定な状態から抜け出せない人もいます。

そんなときに思い出して。

「努力」集中するんです、真剣になって、今に集中する。できなくたって、やろうと努力します。集中できなくても、しようとします。できてるとかできてないとかに振り回されず、とにかくやろうと努力するんです。

でも、、「集中しよう」と必死に努力を続けていくと、やがてその「努力」が邪魔な状態になります。そんなときに「放棄」します。まあいいや、今は、集中できなくてもいい、今あるがままの自分を受け入れます。

そんなときに、、、

心の静寂が訪れます。

努力ののちの放棄。

集中しよう、しよう、しよう、、、、!!!

と努力し続け、最後は集中しようとすることを諦める。ま〜いっか。って。

すると、、、心が静かになって集中状態に自ずとなっている。

あべこべなんです。パラドックス。

やめたときに訪れる。でも最初から何もしなければ、何も変わらない。

努力して放棄してみると、、、実は最初からずっとそこにあったって気づくんです。

やった人にしかわからない境地なのです。

やるか?やらぬか?

なのです。

つべこべ言わずやってみよう!

いつでもどこでも、やろうと思った瞬間できるんだよ。自分を感じること。

ただ、感じるができたとき、どんな自分であっても許せてる状態、自分を愛している状態に戻れる。自分らしく生きられるようになる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP