BLOG

暮らしの学校 キッズヨガ

こんにちはrisacoです。昨日は岡崎暮らしの学校にて、キッズヨガ講座でした。

今期は人数増えて10名でのスタートです。仲間が増えるって嬉しいね。継続して受講してくださってる子は間もなくヨガ歴3年になります。ヨガをはじめて半年の子も、今月から新しくスタートした子も、経験はみんなさまざま。年齢も4歳〜小3まで、生まれ育った環境も、経験も違う、みんなそれぞれ個性が素晴らしいです。

そんなお一人お一人の「自分らしさ」を大切にヨガの時間を共有したいと思っています。

正解なんてありません。正しい形もありません。みんなそれぞれのカタチを輝かせてほしい。というか、もうすでにキラキラの子供たち、その自分の魅力に気づきそのまんま大切に育んで欲しい。


ポーズをしたり


ゲームしたり


いろんなチャレンジを繰り返し「できる!」をたくさん経験して欲しい。キッズヨガはじめての子は「できない〜」という言葉をよく使っています。

「できない」も「できる」も同じくらいいっぱい転がってます。「できない」ばっかり数えてるとできないし「できる」を探すときっと「できる」もいっぱいある。できないことも勇気を培うために大切かも、どんな経験も生きる力になると信じて応援しています。

そういえば、キッズヨガ経験者の子たちも、ちょっと前まで、まず第一声に「えーできない」ばかり言ってたな〜。今は、そんな声聞こえなくなって、新しいことへの挑戦も楽しそうです。

遊んだり、踊ったり、ゲームしたり、触れ合ったり、たくさんの経験の中で「自分らしさ」を見つけていこうね〜🌟わたしも一緒に学ばせてもらっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP