BLOG

気づきのシェアリング

おはようございますrisacoです。令和のはじまりとともに、ヨガのレッスンをみなさまとご一緒させていただきました。

ヨガのはじまりの前に「今日はどんな感じですか?」と調子をお伺いすることがありますが最近、kuuに参加される方たちの中で「身体はこんな感じです。」「心がこんな風になります。」と心身の状態を伝えてくださる方や、終わってから「こんなこと感じました。」「こんな感覚です。」と感覚をシェアしてくださる方が増えてきました。

「調子どうですか?」に対して、

「ふつうです」とか

「いつもと同じです」とか

では、何の気づきも発展も起こりませんが、、

こんな風に

「こんな感じがします」

「こんなこと感じました」

「こんな状態です」

と、どんなことでも、その時々のあるがままをシェアしてゆくことで、新たな気づきが生まれ、そこに居あわせた人との間で高めあってゆけるのだな〜と感じています。気づきのシェアリング、ありがとうございます🙏✨✨

さて、今夜はそんなみなさまとのシェアから面白い素晴らしい気づきのお話。

****

GWも半ばにさしかかったときのこと。

『あ〜休みが終わっちゃう、、、仕事やだな〜』

のつぶやきに対して、そこにいた子どもが

「好きなことしないの?」

「いやなのになんで仕事してるの?」

と超シンプルで確信突いた質問をしたそうです。

これに気づかないふりして一生懸命やってきた人は多いはず。これに気づいてしまったら仕事を一生懸命することができなくなるから。(わたしも、、、気づいてしまいできなくなったうちの1人ですw)

『なんでかな〜好きなもの買いたいからかな』と答えると、、、

『なんで、好きな仕事えらばなかったの?』

とまたもや、確信せまるひとこと。笑

好きなこと選んだはずなのに、、

と、そんなシェアでした。

********

子どもたちは知ってるんですよね。

誰もがそうだったはず。

でも、困難さを体験するために、制限の中で生きてきた。たくさん「知識」を学び、ルールの中でうまくやるために学んだ「知識」で生きてきた。

そして、いつしか眠ってしまった「意識」

「ほんとうの自分」がみえなくなって、いつのまにか苦しい生き方。そこに違和感を覚えた人が、新しい生き方を選択できる時代になりましたね✨

「知識」を超えた「意識」が開くとき🌸✨

今、新しく生まれてくる子どもたちって生まれながらに「知ってる」んですよね。

学校へ行かなくていいこと「知ってる」から「行かない」を選択をする子が増えましたね。

そんなお話をしたら

『先生の将来、子どもがもし、学校へ行きたくないって言ったらどんな対応しますか?』

と聞かれました。

****

「学校へ行きたい」という選択をするなら行く経験をすればいいかなって思っています。

わたしも旦那さんも「学校へ行かなければいけない」「保育園か幼稚園へ行かなければいけない」という概念がありません。行く必要ないって知ってるから。心と身体が豊かに生きる学びは世界中にあふれています。だから、いろんな土地を旅したいな〜。

旅しながら、子育てってわくわくしませんか?

自由に無限の可能性使って、心が喜ぶこと、わくわくすること、たくさーん体験したいなって思います🌸✨大人がそんな生き方選べたら、こどもたちも豊かに生きられるはず✨

わくわくすることしよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP