BLOG

相手と自分をまるごと尊重する♬

おはようございますrisacoです。
朝のプラクティスが心地よい〜♬


今日は後屈を追求しておりました。

スキのポーズから背面のこわばりをゆるり〜

アレンジしてもも周りをのび〜ん

アーチのポーズ♬

どっしりと踏みしめると胸がオープンになります。

フォローポーズも丁寧に。

マツヤアーサナでまたまた、胸をオープンに。

さらに、さらに、ももをのびのび〜♬

そして、、、ぱかっと♬
これがしたかったのです。

欲を言えば、ここから肘をつき足先を触りたいのだけど、今日はここまで。これが、今のわたしの現在地。丸めて、伸ばして、丸めて、伸ばして、丁寧に丁寧に焦らずふかめてゆきます〜。

さてさて、昨日は、またまた、、、怪しいプラクティスをしてました。自分の世界に入ってる時、きっと周りから見たら、超怪しいだろうな〜、そして過去に怪しいな〜と距離をとってた人たちはもしかしたら、プラクティス中だったのかも?!なんて思ったり。笑
昨日は、バンダを深めるために、芝生の上をひたすら、ぐるぐるぐるぐる、ぐるぐるぐるぐる、、、エンドレスに歩いていました。
足裏を踏みして、土踏まずを引き上げ、、

股関節周りを締めて、骨盤底を引き上げ、、
この踏みしめと引き上げのバランスを感じ、腹の底の感覚に集中し続ける。思考は停止して、腹の奥底で自分を感じる。わたしがここに在る感覚。

「わたし」だと思い込んでる思考を沈め、こころの衝動を沈め、最後にどっしりと残った下腹の奥の充実感。そんな感覚のまま、いつも通り、レッスンへ向かってみました。
いつもと同じように、施設のスタッフさんへご挨拶。そしたら、びっくり、、対等でいる!
そこで気づいたんだけど、わたしはいつもスタッフさんに対して、下手にまわって挨拶をしていたようです、そして、スタッフさんたちに返事をしてもらえないこともしばしば、、、(´⊙ω⊙`)
それが、昨日は、思考停止状態で、下腹の奥の自分を感じたまま挨拶をしたら、、、みんなが対等にお返事してくれておりました。

つまり、、、

普段、挨拶してもらえなかったりしていたのは、わたしが自分の価値を下げてしまっていたから、だったんですね〜。

「謙虚になる」ということと「自分の価値を下げる」ことの違い、だと気付きました。
わたしはわたしを尊重し、わたしがここに在る感覚を腹の奥底でどっしりと感じながら、、、お相手の存在を丁寧に扱う。それが、お相手を尊重することなのかもと学びました。
決して、自分を蔑むことではない。

今まで、気づかないうちにそんな風に扱ってしまっていた自分自身に対して、ごめんね。そして、自分自身に対して、敬意を払う。
それが、相手のことも、自分のこともまるごと尊重することなのかもな〜。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP