BLOG

腰が軽くなるヨガと攣った足を瞬時に治す方法。

おはようございますrisacoです。


「前日にヨガをして腰が痛くなりました」

という方が昨日のレッスンへ来てくださいました。別のヨガ教室でヨガを頑張ってしまい腰が痛くなってしまった、とのこと。

しかし、昨日のレッスン終了後

「腰が軽くなりました!」

と、もう表情も柔らかく、優しい笑顔で、身体の感覚は人それぞれですが、醸し出す雰囲気から不調が整ったことが伝わってきました。
同じヨガをしているのに、なぜ?

腰が痛くなることと、腰が軽くなることがあるのでしょうか???ヨガポーズにはそんなに大差はないはずです。
答えはかんたん。
自分に合ったポーズができているかどうか?
ムリしていないかどうか?

自分に合ったところで快適なポーズができれば、自ずと心身は改善されます。

でもね、ここで問題なのが、その肝心な「自分に合ったところ」がいったいどこなのか???現代を生きるわたしたちは自分に鈍感になりすぎてわからなくなっちゃてるんですね〜!

もう痛みは身体からの「自分に気づいて!」の最終メッセージです。

そうは言っても、、、わからない!

それを一緒にひも解いていきましょう。
肩こり、腰痛、頭痛、など痛みがツライ人も、身体がガチガチに硬い人も、内臓が不調な人も、いつも不安や緊張がある人、イライラするひと、何をしたいのか自分がわからない人も、人とのコミュニケーションがうまくいかないひとも、子育てや家事がツライひとも、家族やパートナーとうまくいかないひとも、あらゆる問題の原因は1番身近な「わたし」をひも解いてあげることでクリアになります。
「わたし」を理解しないまま、薬やマサージで一時的に症状を取り除いたとしても、「自分に気づいて!」という身体からのメッセージは止まらないんです。
昨日は、レッスン中に足を攣った方がおられました。

ヨガで足先を動かそうとしたとき、足がピーンと攣る人はいませんか?


攣ったときなぜか必死に治そうとして、、、


よくこうする方がおられますが、、、

昨日の方も必死にこうしておさめようとしておられました。ここでも「身体の声を聴いてみましょう」

足がピーンと攣るとき、この足は何て言ってるんでしょうか???


ピーンと突っ張って筋肉が縮こまってます。縮こまりたいんです。だからね、身体が動きたい方に動かしてあげます。


すると不思議、、、

「あ、ほんと、消えちゃいました」

それまで必死にもがいてたのが嘘かのようにすっと痛みが消えちゃうんですね。痛みは身体からのメッセージです。身体の声を聴いてあげると満足して、すーっと軽くなっちゃうんですね。

こんな風に、自分自身と対話するようにヨガポーズひとつひとつをとっていくと身体はみるみるうちに変化してゆきます。

こんな風に自分に合ったところでポーズがとれるようになる頃には、不思議と自分らしく生きられるようになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP