BLOG

身体が痛くてどうしたらいいか?

こんにちはrisacoです。今日も、朝のレッスンを開催させていただきました。ご一緒してくださったみなさま、ありがとうございます。

今日はご参加されたから質問がありました。

「肩の痛みがずっと続いていてどうしたらいいのかな?と思っていて、リハビリに行った方がいいのか?それともkuuのヒーリング治療がいいのか?」

まず、、リハビリに行くのか?kuuの治療を受けるのか?では全く違うアプローチになります。

リハビリというのは、身体の機能改善を目的とした肉体レベルにおいてのアプローチです。レントゲンをとったり、数値を見たり、データに基づいて状態を分析し、筋肉や骨格の調整をしたり、電気を流すこともあるかな?ある程度、決まった形があってそれに基づいてアプローチしていくように思います。

kuuの治療は、現状の機能改善よりも、もっと根底にある痛みの元となる原因を読み解いたり、修正を行い、今、その人にとって最も必要であることをサポートしていきます。筋肉反射を行い潜在意識を読み解いたり、エネルギーを感じとって気のレベルでのアプローチをしたり、カウンセリングから問題を生み出している思考や感情を見つけ出して解放したり、、、人によって根本にある問題も、改善方法も違うのです。

全くの別物だと理解していただき、どっちを体験するのか?はご本人さまにお任せしたいと思います。

実は、先日、朝起きたら大樹くんの目が炎症して大変なことになっていました。目やにがひどく、目が真っ赤になっている。大変です。ひとまず、いつも使っている目薬(塩でつくったもの)やばんのう酵母くんをさしてみる。

だいたいこれで良くなったりするのだけど、今回はぜんぜん良くならない。

そこで、筋肉反射テストを行い、大樹くんの潜在意識に「どうしたらいいか?」聞いてみた。

「目の炎症を改善する方法を教えて。」

すると、、、

これは深い悲しみが原因で、修正方法は「のみもの」と出ました。

「何を飲めばいいの?」

水?コーヒー?紅茶?お茶?炭酸?

いろいろ聞いた結果

「抹茶」

で強く反応が出ました。

今度は方法を聞いてみます。

「目の炎症を治すために抹茶をどうやってのんだらいい?」

「量は5g以上、ぬるま湯」

という答えが出ました。

もう、やりながら健在意識は

「えーーー。まずそう。」って具合ですが。

でも、飲んでみたら、目に効いてる。和らいできた。面白い。

確かに、葉っぱを丸ごと取れる抹茶を濃く作る、そして熱湯だと菌や成分が壊れてしまうからかな、ぬるま湯、納得です。お薬としてはかなりいいアイテムですね。面白い治療になりました。

でたらめじゃありません。本気です。

これがホンモノなのだと思います。

*

痛みや症状が出るからには、何か根っこにあるんですよね。そこを紐解いて、解放していくんです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

フォローする

PAGE TOP