BLOG

2020年令和二年明けましておめでとうございます

2020年令和二年明けましておめでとうございます

大樹です

今年初めてのブログでのご挨拶、少し遅くなりました。

昨年は大変お世話になりました。また、僕自身セラピスト、治療家の卒業という自分でも夏も終わりまでこの生業を辞めるとは思ってなかったほどの出来事であり、ある種の目醒めが起きた昨年末でした。

今年は令和二年。2の年ですね。

本年が皆様にとって豊かで祝福に満ちた、そして目醒めに満ちた年になりますよう意宣り合わせいたします。

僕の中ではまさにパートナーシップの年だと思ってます。

それは恋人や配偶者だけでなく、ビジネスパートナーや目醒めのパートナー、ペットというパートナーでもあります。

ご挨拶が遅れたのも実は愛犬の容態が急変したことが原因でもあります。

元旦に実家に帰ったら愛犬が1週間前くらいから急に元気が無くなったそうで、その日もヨタヨタな歩き方でした。

ショックでしたので、様子見たくて家に連れて帰りました。

次の日の夜発作が起きて寝てるのに暴れて怯えるような鳴き声で、目が開いてからも1時間半ほども荒れてました。

どうも脳がやられてしまった感じです。

とても悲しくて何度も統合ワークしたり、お香を焚いたり、音叉ヒーリングしたり自分自身をヒーリングしました。

何となくもう先は長くない氣がしました。

僕の中では覚悟を決めて、そのつもりで生前供養として祝詞を唱えたり、統合ワークしたりしました。

2年前も2度入院してだんだん体力は落ちてました。2回とも命が危なかったので生前供養をしてました。

生前供養とは自分自身の中の相手が死んだ時どのようなネガティヴが出てくるかイメージしたり、すでに出てくる感情を手放す行為です。

神道的な祝詞を唱えたりもします。

今回また深い悲しみがこんなに出てくるとは思いませんでした。

昨晩もれいなは時々徘徊したり、早朝発作が起きたので心配しました。

今日両親が家に来てれいなを引き取りに来ました。現在は実家の方に住んでたので、安心するかもしれないとのことです。

今日は誰のことも認識できていない様子で、終始ぐったりモードでした。

両親と午前中話し合ったり昼ご飯を食べに行きました。竹島水族館もいきました。

両親との交流ができてよかったです。れいなが親子の交流を深めてくれたことに深く感謝の気持ちが湧きます。

今日も深い悲しみが溢れてくるのでその感情を素直に味わったり、また、統合ワークしたり、ホ・オポノポノしたり、浄化のお香を焚いたり、手放すことをしました。

今後、梨紗子ちゃんと日本中や海外に動き回りたい気持ちがありながら、どこか深いところでれいなを置きっぱなしにはできない想いもありました。

広々動き回るタイミングはれいなが天国へ行くときだろうと想ってました。

おそらくそのタイミングに来ているのかもしれません。

梨紗子ちゃんに出会い、仲良くやっていけるまで、れいなは見守ってくれてたような氣がしてなりません。

出会いは10数年前にお付き合いしていた方の犬でした。僕にやたらとなついたため、引き取ることになりました。

そんな不思議な出会いで沢山の土地へ共に過ごし、喜怒哀楽を共に体験してきました。

とても大人しく優しいわんちゃんです。

こんなに言うことのきくわんちゃんは見たことありません。

一晩中車の中に僕といても大人しくしてます。

素晴らしい天使です。

そんなれいなから僕は沢山沢山愛をもらいました。本当に無条件の愛とはこのことだと学びました。

こういった最愛のパートナーとの別れもまたパートナーシップの一部であり、手放しであり、感情レベルの浄化であり、新しい世界を創造するための宇宙のサイクルの一部です。

魂は永遠に繋がってます。

もし天国へ行ってもそれはそれで常にすぐ目の前にいてくれてるので、もう離れることはないです。

僕の中の真実ですので、他の方はまた違った表現になるかもしれません。

引き続き深い悲しみや同情を浄化していきます。

2020/1/2 お昼ご飯をみんなでローフード

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP