BLOG

足の小指に物を落とす?

こんにちはrisacoです。


日々の暮らしの中で、いろんな出会いがあり、いろんな出来事があり、いろんな感情と出逢いますね。
YOGA的な意識が深まってくると、日々の暮らしひとつひとつの中にもたくさんの気づきのタネが転がっています。YOGAのクラスにお越しいただく方と、そんな日々の中での体験をシェアしあうことも最近の楽しみでもあります。

そして、みなさんにびっくりされますが「先生でも怒ることあるんですね」「先生でも気分が沈むことあるんですね」と言われます。

それはもう、いっぱいあります。笑

そうゆう感情はとても大切なもので、怒ることも、沈むことも、それから、不安や恐怖も、悲しみやネガティヴな感情も、ぜーんぶいいよって今の自分自身を認めてあげられたらな〜なんて思います。

YOGAのポーズで出会う身体の硬さや、身体の痛み、こわばり、つっぱり、なんかも同じです。どうにかしようとするのをやめて、ただあるがままを感じることができたとき、どうにかなってたりします。

でも、心のくせが、このあるがままを「ただ観る」ことを邪魔します。評価しちゃうんですね。こうなったらいいなとか、思っちゃうんですね。でも、そう思っちゃう自分もオッケー、大事なのは事実に気づくこと。

意外と真実はすごくシンプルで、その真実を歪めているのは、心の癖。過去の経験からなる、妄想だったりします。
例えば【足の小指に物を落とす】


自分が持ってた缶ジュースを足の上に落としたとします。もう小指が悲鳴をあげています!痛〜い!自分自身で落としたことなので、自分1人で悶絶して治まるのを耐えますね。笑

でもさ、喧嘩中の相手が落としたらどうでしょう?またケンカの火種に着火しそうです。【足に缶ジュースを落とした】事実は変わりませんが、自分の記憶や感情が、事実に怒りの概念をプラスして、大きな大きな被害にあったかのような出来事に変化させます!あら、たいへん!

でも、もしその相手がヤクザのように怖〜い人だったらどうでしょう?ケンカ相手の時とは変わって、もしかしたら【足に缶ジュースを落とした】事実に恐怖という妄想が入り混じって、怯えたり、緊張したり、我慢したり、するかもしれません。これもまた、自分の中の妄想が恐怖体験へと真実を歪めてしまいました!あら、ふしぎ。

じゃあさ、それが、片想い中の好きな人だったら??痛みよりも、嬉しさの方が勝っちゃったりして?話せるきっかけができたって喜んで落としたジュース拾っちゃうかも?笑
あ、これはこれでhappyですか?笑

真実は同じなのに、わたしたちの心が創り出す世界ってすぐにころころ変わっちゃうんですね。

だから、その真実に気づくことができれば、とてもシンプルな世界なんだろうな〜。

わたしも、真実を観る目を養いちゅうです。

そのために、あるがままを観る、評価せずに、ただ感じる、瞑想的ヨガや真実に気づきを入れるヴィパッサナー瞑想を実践しています。ご興味ある方はお声がけくださいね。一緒にシンプルな世界をみてみましょう〜。
risaco

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017.08.17

    平和な世界
  2. 2017.08.17

    KIDSYOGA ☆
2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

PAGE TOP