愛知県三河 蒲郡市にあるヨガと根本療法 ヒーリング 整体のサロン

BLOG

身体の声を聴く~胃が痛い~

こんにちはrisacoです。
昨日のデトックスヨガで、「ココロとカラダのつながり」のお話をしました。そんなお話をこちらでもシェア♬


東洋医学でも、感情のストレスは内臓に影響を与えている。という考え方があり、それぞれの臓器が支え合いバランスをとり、生命活動が行われています。恐怖を感じると腎臓が影響を受けて、腰が痛くなったり、、、悲しみのエネルギーが肺に影響し呼吸が苦しくなったり、、、怒りの感情エネルギーが肝臓に溜まってしまったり、、、心配事や考えすぎると脾臓に影響を与えてそれが体全体へと影響を与えていったり、、、喜びという感情エネルギーもそう、胸が高鳴り心臓がドキドキ、喜びは嬉しい感情ですが、、、こればっかりでも大変です、気が舞い上がって周りが見えない躁状態?、、、という具合に、全ての情緒、臓器が影響し合ってなりたっている、そんなバランスが整うと良いな〜。
ココロとカラダはつながっている、感情と内臓はつながっている、そんな意識で身体の声を聴いてみましょう。


『胃の調子が悪いってどんな状態なんでしょう?』

そんなご質問がありました。
わたしなりの解釈ですが、「胃」は食べ物を受け入れる場所、外から入ってくるものを受け入れる場所です。
この胃が拒否反応を起こしているということは、外から入ってくるものを受け付けない、人の意見を受け入れない、というようなことの現れだったりします。

でも、ただ単に「じゃあ人の意見を聞くようにすればいいのか」というものでもなくて、やっぱり、人の意見を受け入れられない、そうせざるを得ない自分自身の心を紐解いてあげたいですよね。

胃、みぞおちは第三チャクラです。

第三チャクラには自尊心という意味もあります。自分のことが尊重できない、そんな感覚がベースにあるので他人のことも尊重できず、自分を大きく見せようとしたり、上下関係をつくってしまったり、、そんな風に自分を尊重できていないからこそ、人の意見を受け入れられないように思います。
結局は、自分の在り方が、人間関係に現れ、身体に現れ「溜め込んでるよ〜もっと自分を大事にしていいんだよ〜気づいて〜〜〜!」って自分らしく生きる道しるべとして、一生懸命身体は教えてくれているんですよね( ^ω^ )
そして、大事なのは、自分を尊重できていないことや、他人のことを受け入れられないこと、そうゆう状態に気づいたときに、今はそうゆう状態なんだな〜と、不快な感覚すらも、ただただ、尊重してあげる、という具合でしょうか( ^ω^ )
細かいことは、人それぞれなので、わたしの経験上はこんな感じでした〜というところですが、あとはみなさま、ご自分のお身体の声、、、聴いてみてください。
あなたの身体はなんて言ってますか?

どんな状態でしょう???

身体からのメッセージ、紐解いていくのは面白いですね。
risaco

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017.10.20

    ヨガ探求の旅
2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

PAGE TOP