ヒーリング 整体

ヒーリング整体は根本療法です

 4月中は初診料(2000円)が無料です

このような症状でお悩みの方へ

・頭痛 腰痛 肩こりなどの整形外科的な症状
アトピー 喘息 花粉症などのアレルギー症状
不妊症 生理痛 子宮筋腫などの婦人科疾患
鬱 情緒不安定 発達障害 敏感体質などの精神疾患
ガンや肝臓、腎臓病などの病気

 

当サロンでは病院へ長年通っても根本的に解決しない人、どこに相談したらわからない問題を抱えている方が多く来られます。体の症状が病院や整体では改善できない場合、実はほとんどは 「過去の感情」が原因です。これはヨガの哲学だけでなく西洋の心理学でも明らかになっています。また、あまり知られていませんが霊的な憑依も大きな問題です。

ヒーリング整体がどういうものか分からない人がほとんどですが、はじめに丁寧に説明をし通うたびにより深く今の問題の原因を色々な視点からご説明して、私が患者さんの体から感じる気の感覚をお伝えします。

なぜなら病気は気から。と言うくらい内科でも整形外科でもアレルギーでもほとんどは感情やストレスが原因で症状が発生してます。

ですからヒーリングや気の整体を受けられて原因である感情やストレスエネルギーが消えた時、症状も消えます。そして何より感情やストレスに気づき私生活にその経験が生かされるのです。

日本伝統鍼灸学会理事、日本刺絡学会副会長の石原克己先生は、病は 感謝のエネルギー  とおっしゃいます。まさにその通りだと思います。石原先生もヒーリングをやられます。ヒーリングとは気を流したり入れたりして原因である感情エネルギーを取り除くものであったり、カウンセリングなどにより気づきを得た時や愛を感じた時に心が癒されることです。

ヒーリングは日本ではまだ馴染みがありませんが、欧米では保険適用の国もあるくらい一般的な方法です。日本もどんどんヒーリング療法が増えてきてます。

ぜひ一度体験して頂き、心身ともに健康を取り戻してください。私も全身全霊で治療させていただきます。

 

ヒーリング整体

当サロンでは病院へ長年通っても根本的に解決しない人、どこに相談したらわからない問題を抱えている方が多く来られます。
ヒーリングがどういうものか分からない人がほとんどですが、はじめに丁寧に説明をし通うたびにより深く今の問題の原因を色々な視点からご説明して、私が患者さんの体から感じる気の感覚をお伝えします。
なぜなら病気は気から。と言うくらい内科でも整形外科でもアレルギーでもほとんどは感情などのストレスが原因で症状が発生してます。
当サロンの一番人気のあるメニューです。初診料2000円
40分前後 5000円  (80分前後 10000円)

(初診料2000円)

統合セラピー 

より効果的に根本的に網羅的に心身を健全にしていくために必要な知識をお伝えします。今あるご自身の心身の癖、または自分では気づけない多角的な視点を持つための方法など、「今」に全てがあることを哲学的にもスピリチュアル的にも神道的にもお伝えします。
その後ヒーリングを受けていただき、最後にセラピーを受けた感想や私が感じたことをアドバイスさせていただきます。
 20000円(約3時間)

カウンセリング

心身の問題について、人生について相談していただき本人が気づかない部分や、どこに根本的に問題があるかをお伝えします。
感情観念の問題、家系の問題、カルマやトラウマの問題、憑依体質やHSP 超敏感体質の問題などあらゆる方向から問題をみていきます。
10000円 (90分)

ヒーリング講座

ヒーリングを習いたい方への講座です。
ヒーリングは誰でもできます。当講座ではヒーリングの目的や意義、ヒーリングとは何か?ヒーリングが起こる仕組み、ヒーリングの可能性、ヒーリングテクニックなど西洋から日本古来の方法などを交えてお伝えします。
20000円 (4時間)

ご予約・お問い合わせ

《予約可能日》現在全てのメニューを土日、または月曜日か金曜日は要望があれば調整します。

2名以上で出張もいたします。

 

キャンセルについて

セッション当日にキャンセルのご連絡の場合は、一律5,000円をキャンセル料としていただいております。

ヒーリングとは治療の総称です
私は日本古来からある手当て療法、手かざし、内臓矯正、頭蓋骨、硬膜矯正(クラニアル)、邪気の浄化、レイキやワンネスディクシャなどの気を入れる、除霊などを複合的に行い、身心を健全化していきます
ヒーリングを通して鬱滞したエネルギーを解放させていきましょう
それは魂の成長であり  意識進化です
私たちは魂を磨くために産まれてきています
本来の自分らしく自由自在に生きるために過去のトラウマ  カルマを解放させていくと
空の意識になりやすく自在に現実を創造できるようになります

デジタルの活用

そして施術には世界屈指の言語エネルギー研究機関の七沢研究所開発 ロゴストロン や Nigi という体の鬱滞したエネルギーを超高速でアースしヒーリング効果を高めています。

症例

・80代の男性の中期の癌が3ヶ月で健常者と同じ数値まで改善された

・数十年あった腰痛が全くなくなった

・親との長年のわだかまりがなくなりとても楽になりここに産まれてきたことに感謝できた

・アトピーが一時的に悪化したが半年ほどで完治した
それとともに、岡田さんの病気に対する意味や捉え方を聞くに従いアトピーに感謝できた

・五十肩が3回ほどの施術で治った

・ギックリ腰が内臓の不調からきていることを知り一度でかなり改善、数回で治った その後内臓を気にするようになり、疲れてきたときにはヒーリングを受けに行くようになりました

プロフィール

岡田大樹
ヒーラーであり国際ロゴシスト協会 ロゴシスト
霊気、波動整体、シータヒーリング、アクセスバーズ、数種結界法、インナーチャイルドヒーリング、白川神道祓い、鎮魂法、除霊、ワンネスディクシャ、ヨーガ哲学などを学び現在はそれらを統合したヒーリング、整体を行っている。
単にヒーリングをして心身の健全化を目指すだけでなく、症状からのメッセージ、気づき、意識進化を伝えることを大切にしています。
元名古屋市消防局 消防救助隊

 

 

 

手当療法とは

日本語において、「手当(てあて)」は、読んでその字の通り「手を当てること」によって心身の治癒を促すことを意味します。
この手当の歴史は、一般には古くから行われた海外における宗教行為(キリストの行った手当等)の中での手当てがその始まりとされていますが、日本においても古代から伝わる神道(古神道)の中に手当を使った秘儀が伝承されてきました。

日本においては大正期に、臼井甕男が始めた「靈氣」が有名ですが、その「靈氣=レイキ」が戦後海外から逆輸入されたように、古代、この手当の神道の秘儀が海外に伝わり広まったと考えられるほどに、和の叡智ともいえる日本人に適した療法です。

手当てとはなにか

日本語で手当ては、「病気・怪我(けが)などに対する処置。」を意味し、一般には「処置」の意味で使われています。しかし、その「てあて」という実際の響きと「手を当てる」という行為は、とても原始的で普遍的な治療行為を表現しています。
それは、「手を当てる」という行為自体が治療になるということを意味しています。

人は、おなかが痛いときに自然とそこに手を当てます。それは、自分の手が最高の治療道具であることを知っているからです。

手を当てることで、氣が流れエネルギーの循環が起き、不調の原因を取り除くことができることを、体が知っているからです。
また、誰しも子供このころに親や誰かに背中をさすってもらった経験があると思います。

病院では、手を当てる背中をさするといったことは行われませんが、昔から行われているその「手を当てる行為=手当」のなかに、家庭で行う健康法のカギが隠されています。そして、その手軽な健康法のルーツは、意外にも日本古代にさかのぼります。

PAGE TOP