ヒーリング

ヒーリングは仰向け、うつ伏せで、体の気になるところや症状があるところをヒーリングします。精神的なことや症状についてお話を聞きながら、心の状態と症状から原因である過去のストレス、トラウマが解放されずに残っていることに気づいていくようナビゲートしていきます。
思い出したり心当りが見つかり認知するとヒーリングは更に有効になり、ストレスや症状の解消につながります。一番の目的はみなさまに気づいていただくことです。
自分ではなかなか気づけないものも私の誘導により多くのことに気づいていただけることと思います。

手当て ハンドヒーリング  

手当てというのは日本古来の治療法のひとつです。身近なところでは母親が子供が痛がっているところをさすってあげる行為も立派な手当てです。ただゴッドハンドといわれる治療家は手からの気の情報量や質が違うわけです。
症状のあるところに手を当てたり、わずかに圧迫したり、かざしていると、ヒーリングエネルギーにより、痛みがとれたり、緩みます。腫瘍などがあれば小さくなることもあります。
エネルギークラニアル(頭蓋骨)テクニックや内臓テクニックによりアレルギーや関節痛、内臓の不調、頭痛に効果的です。
技術としては白川神道の鎮魂法、霊気(レイキ)、ワンネスディクシャ、アクセスバーズ、エネルギークラニアル、内臓矯正、結界法などを体得してきました。

最近の記事

  1. 2017.08.17

    平和な世界
  2. 2017.08.17

    KIDSYOGA ☆
ヨガ教室検索はYOGA ROOM
PAGE TOP