温泉リトリート♨️一年の労い

こんにちは大樹です

今日は先週行って参りました温泉リトリートについてご報告いたします。

僕と梨紗子ちゃんの師匠である伊藤千恵さんと気功の達人である鹿子先生の温泉リトリートに行って参りました。

神奈川県の七沢温泉です。

途中サービスエリアで休憩をして素晴らしい富士山を見ることができました。

泊まった旅館は元湯玉川館

とってもレトロで素敵な温泉でした。

伊藤千恵さんは私が知る限りではチャネリングやリーディングのセラピストの中でピカイチの精度を持っている先生です。

あの言語エネルギー研究機関の七沢研究所の先生の秘書を務めたり、研究開発した製品のリーディングをしたりと様々な分野でも活躍されています。

今はセラピスト業のかたわら、米ぬか酵素の商品開発や多種多様のミネラルが含んだフルボ酸の商品開発にも携わっています。

とてもびっくりするほど素晴らしい健康やアンチエイジングに効く商品を作っていますので近いうちに皆さんにもご紹介できると思います。

温泉リトリートではワークをいくつもやりました。その中で今年1年をねぎらう自分自身へのワークやシェアを行いました。

今年1年とてもとてもたくさんいろんなことがあったなぁと振り返って気が付きました。

たくさんの喜怒哀楽を体験し、特にパートナーシップに関しては何次元も飛躍した1年になりました。

鹿子先生は氣の確認、動き、氣を意識してどのような体感があるか、どのような効果があるかを実践しながら体験させてくれました。

そして1粒の治療日でもあります。エネルギーの次元から症状をすぐに解消させたり、原因を見つけだしたり素晴らしい治療を目の当たりにしました。

そしてリトリートの2日目は阿夫利神社に向かいました。

ここのエネルギーはイエスキリストのような許しと父性の溢れるエネルギーだと伊藤千恵さんはリーディングをして話してくれました。

まさに今年の後半僕が完璧にやっていこうと決意した許しがテーマであったのでびっくりしました。

たくさんの許しと受容のエネルギーを与えそしていただいてきました。

スピリチュアルな世界では今年は女性性の開花で、来年は男性性の開花が予言されています。

ともあれ、今年は治療家の卒業と言う大きな大きな決断をしました。

そして新しいものをプレゼントされた年でもありました。

ロークレンズ自己浄化療法です。

ヨガ、祈り、生食という三種の神器を愛をもって実践していく自己浄化療法はこれからの新しい時代を豊かに生きていくために必要な要素が全て詰まっていると感じました。

これは単にヨガと祈りとローフードを実践すればいいと言うものではなくて、どのような意識で実践するかが最も重要になります。

そこが新しい時代のポイントでもあり、目醒めでもあります。

来年はこのロークレンズを皆様にもご提供できると思います。

ぜひ楽しみにしていて下さい!!

皆さんのお気持ちのおかげか日輪が見えました。

彩雲見えました。

素晴らしい光をたくさん見ることができました。

帰りは夕焼けをバックに富士山が浮かび上がるのがとても感動しました。

素晴らしいリトリートになりました。

伊藤千恵さん、鹿子先生、参加者の皆さんありがとうございました。

PAGE TOP